LOADING
00
Digital Service Development

新規事業開発 DX

Digital Service Development

新規事業開発 DX

アイディアのブレストから、デジタル戦略立案、マネタイズ、デジタル施策の実行、グロース、インハウス化、仕組み化、AI/MAなどの最新技術サポートまでデジタルに特化したサービス開発を支援します。

新規事業開発

お問い合わせはこちら

ご依頼、お見積もり、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
Issue

こんな課題はありませんか?

Issue

こんな課題はありませんか?

Issue 01
新規事業を具体的に形にしていく、デジタルの知見がない

競合調査・分析、P/Lやロードマップを書いたものの、具体的なプロダクト開発に落とせていない。
具体的なマネタイズ、KGI/KPI、集客、予算感など実行に関してのデジタル知識がほとんどない。

Issue 02
社内の人材が足りない、外注するにも選定できない

アーキテクチャー、顧客管理、決済、UXデザイン、データ設計、オペレーションなどデジタル開発に必要な外注先を選定できない。
専門的な内容が多くて、社内のメンバーでは対応できない。

Issue 03
0→1を構築がなかなか具体化せず、アクセルが踏めない

デジタルプロダクトやサービスの立ち上がりには、要件を分解し、メンバーや外注先にタスクとして落とし込む必要があるが全体感を掴んでもらえない。
ツールの登録なども多く手間がかかる。

Process

リーンスタートアップのプロセス

Process

リーンスタートアップのプロセス

0→1
創出フェーズ

プロジェクトマネージャーのアサイン、自社の活用する資産を洗い出し、戦略を策定する。 (SWOT/3C/5F/VRIO分析などの経営戦略フレームワークを利用し自社の強みをマップ化する)。 アイデアを集め、企画、事業計画を作る。策定後に事業性を評価。

開発
立上げ実行フェーズ

資金を確保する (助成金を受けたり、その他資金調達も含む)。
立ち上げるために必要なメンバーを決めて、開発を開始します。スタートアップに必要な採用や、外注、協力会社のアサイン。
β版リリース後に一定期間を経て分析し、評価する。

1→10
スケール化フェーズ

本格的に事業をスケールさせる計画を作り、事業を拡大スケールさせていきます。
専門的な知識やスキル、経験が必要なことには、積極的に外部のプロ人材を起用します。 立ち上げを加速させるためには、客観的に正しく評価する組みを作り上げることが大切です。

Service Area

事業開発領域

Service Area

事業開発領域

01 Web
Webサービス・Webプロダクト

コミュニケーションサービス、情報提供サービス、サブスクリプションサービス、マッチングサービス、業務効率化サービスなどのWeb/APPによる提供サービス。

02 EC
Eコマース

単店舗型、BtoB型、オムニチャネル型、ショッピングモール型などの自社サイトやモールを使った、ショッピング提供サービス。

03 オウンドメディア
広報・PR・プロモーション

商品や企業の認知度向上、新規の顧客やリード獲得、商品のオンラインからの購入者増加、既存顧客のエンゲージメント向上、採用/社内向けブランディング 、企業ブランディング、アフィリエイトなどのマネタイズなどのオウンドメディアの資産形成。

Step

ご依頼の流れ

Step

ご依頼の流れ

01

お問い合わせ

必要要件を記載頂き、メールフォームよりご連絡をお願いいたします。

02

初回ミーティング

ご依頼内容のすり合わせをさせて頂き、要件を整理を行います。
具体的なご要望をご相談ください。

03

お見積もり & ご提案

条件に合わせた最適なお見積もり & ご提案をお送りいたします。
その他ご希望があればお申し付けください。

04

ご契約

初回のお取引である場合は、契約形態に合わせたご契約をお願いいたします。

05

施策の実施

ご提案させて頂いた内容の施策をスケジュールに合わせて、開始します。
ご要望に応じて中間報告やミーティングを行います。

06

納品 & 再依頼

確認、修正ののち、指定されたフォーマットで納品いたします。
継続の場合は引き続き制作/施策の実施を行います。

FAQ

よくあるご質問

FAQ

よくあるご質問

Q1
アイディアベースからの相談はできますか?

Aはい、伴走型の支援も行っておりますので、企画段階から事業計画支援、プロトタイプ、リリースまでの長期的な支援も可能です。
また無料でUX診断も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

Q2
強みや特徴は何ですか?

AUXUIデザインに特化して、人のユーザー体験(使いやすさ)を重視したデザイン開発を行っています。
具体的には、新規では仮説に基づくKPI (重要業績評価指標) 立ち上がりの速さ、既存に関してはKPI (重要業績評価指標) を向上させることに重点をおいています。

Q3
社内に詳しいものがいないのですが、相談はできますか?

Aはい、現状の診断から、データを集めるノウハウまで長期的な支援も可能です。
また内製化のお手伝いとして、採用アドバイスやその後のリレーションも行っています。